軽井沢発のベーカリーショップ「ベーカリー&カフェ 沢村」の新店舗が、2021年6月16日(水)、中目黒にオープンする。こだわりの“熟成発酵パン”を含む80種類以上のメニュー「ベーカリー&カフェ 沢村」が中目黒に新店舗、50種以上の“熟成発酵”パンや新作サンドイッチ|写真1「ベーカリー&カフェ 沢村」は、澄んだ水と冷涼な気候の軽井沢で誕生したベーカリーショップ。厳選した30種類以上の粉をパンにより使い分け、自家製酵母をブレンド、さらに長時間低温熟成発酵することで麦本来の旨味と深い香りを引き出した“沢村パン”は、地元の人にも観光で訪れた人にも愛されてきた。

今回新たにオープンする中目黒店でも、食事パンや総菜パンをはじめ、デニッシュ、サンドイッチなど、こだわり製法で焼き上げたパン50種類以上をラインナップ。サラダや焼き菓子、ケーキなどを含めると総数は80種類以上に及ぶ。お手軽&ボリューミーなサンドイッチ「ベーカリー&カフェ 沢村」が中目黒に新店舗、50種以上の“熟成発酵”パンや新作サンドイッチ|写真2店頭には、沢村で人気のサンドイッチに4種の新作が登場。焦がし味噌ソースを絡めたホロホロの豚肉と野菜のマリネをピタパンに挟んだ「焦がし味噌のプルドポーク」や、フランス産オーガニック小麦100%のバゲットに自家製パテ・ピクルス・マスタードをサンドした「自家製パテ・ド・カンパーニュのバゲットサンド」などが並ぶ。カフェタイムを彩る新作ケーキ3種「ベーカリー&カフェ 沢村」が中目黒に新店舗、50種以上の“熟成発酵”パンや新作サンドイッチ|写真3さらに、パティシエによる新作ケーキも3種類用意。ピスタチオクリーム、バニラムース、アーモンド生地に木苺をアクセントで加えた「ピスターシュバニーユ」のほか、胡麻と抹茶を合わせた“大人味”の「セザム抹茶」、カカオの風味を閉じ込めた「オレンジショコラ」がカフェタイムを彩ってくれる。“沢村オリジナル”のエイジングコーヒーも「ベーカリー&カフェ 沢村」が中目黒に新店舗、50種以上の“熟成発酵”パンや新作サンドイッチ|写真4八ヶ岳山麓の水で生豆を手洗いし、1週間乾燥させた沢村オリジナルのエイジングコーヒーが味わえるのも魅力。甘みを含んだフルーティーな口当たりで、パンやケーキとの相性も抜群だ。この機会にぜひ、緑豊かな目黒川をの近くでゆったりとした“沢村時間”を過ごしてみては。

【詳細】
ベーカリー&カフェ 沢村 中目黒店
オープン日:2021年6月16日(水)
住所:東京都目黒区青葉台1-14-4 コントラル中目黒1階
営業時間:平日 9:00~19:00/土日祝 8:00~19:00
TEL:03-5422-3088
席数:約18席