帝国ホテル 東京は、2021年10月31日(日)まで「英国フェア 2021」を実施。本館17階「インペリアルラウンジ アクア」では、2種類のアフタヌーンティーを提供する。帝国ホテル 東京で人気の「英国フェア」が2021年も開催帝国ホテル 東京「英国フェア」“英国式庭園”アフタヌーンティー、アンティーク食器で楽しむメニューも|写真12016年から開催している人気の「英国フェア」が2021年も9月から期間限定でスタート。今回は英国文化を象徴する「イングリッシュガーデン」と「」をテーマにしたアフタヌーンティー2種類を展開する。小さな英国式庭園が広がる“イングリッシュガーデン”アフタヌーンティー帝国ホテル 東京「英国フェア」“英国式庭園”アフタヌーンティー、アンティーク食器で楽しむメニューも|写真2古くから英国の人々の生活と共にあった「イングリッシュガーデン」。手入れをした自慢の庭は、社交の場であり、癒しのスポットとして愛されてきた。そんな特別な場所を想像しながら、東京料理長の杉本雄がアフタヌーンティーで小さな英国式庭園を表現した。帝国ホテル 東京「英国フェア」“英国式庭園”アフタヌーンティー、アンティーク食器で楽しむメニューも|写真4特に目を引くのが“芝生が一面に広がる”上段プレート。抹茶とピスタチオムースで“芝生”を表現しており、その上に香りも彩りも豊かな3種類のスイーツをのせて、花と緑の庭園を鮮やかに仕上げている。アンティークで楽しむアフタヌーンティー帝国ホテル 東京「英国フェア」“英国式庭園”アフタヌーンティー、アンティーク食器で楽しむメニューも|写真5もうひとつのアフタヌーンティーは、多くの貴重なアンティークを有する穐葉(あきば)アンティークジュウリー美術館のコレクションからセレクトされた、ヴィクトリア時代の銀器や陶器で提供される。提供は1日1組限定。帝国ホテル 東京「英国フェア」“英国式庭園”アフタヌーンティー、アンティーク食器で楽しむメニューも|写真8ヴィクトリア時代中期のシルバーのティーセットや、同時代の英国リッジウェイ製カップなど、19世紀の銀器や茶器、真珠の母貝を柄に設えたカトラリーの上質感は、手に取るとより素晴らしさが伝わってくる。ホテルショップ「ガルガンチュワ」の“英国式”スイーツ帝国ホテル 東京「英国フェア」“英国式庭園”アフタヌーンティー、アンティーク食器で楽しむメニューも|写真10ホテルショップ「ガルガンチュワ」にて提供されるスイーツにも注目を。英国伝統の「ヴィクトリアケーキ」をモダンにアレンジした「Victoria ~ヴィクトリア~」は、食用花や金箔・銀箔で飾り付けた、誰かに贈りたくなる華やかなビジュアルが魅力的。アーモンド風味の生地に、フルーツビネガー入りのフランボワーズのコンフィチュール、バタークリームを重ね、爽やかな酸味のレモンクリームで包み込んでいる。また、ライチとバラとフランボワーズのジャムをバラ風味のバタークリームで包み、柄のマカロンでサンドした「ローズ ガーデン」も登場。ひとくち食べた瞬間、口いっぱいにバラの華やかな香りが広がる。自宅で楽しめる惣菜やパンも帝国ホテル 東京「英国フェア」“英国式庭園”アフタヌーンティー、アンティーク食器で楽しむメニューも|写真12