(HYKE)が、2022年春夏コレクションを「楽天ファッション・ウィーク東京」期間中の2021年9月3日(金)に発表した。今季は、(PORTER)、(BEAUTIFUL SHOES)、(CHACOLI)とのコラボレーションも発表している。歴史の名作を踏襲しながら、現代のモードを突き進むハイク 2022年春夏コレクション - 歴史を尊ぶ現代のモード|写真1現代的なを突き進みつつ、時にはエレガントとクラシック、またある時はとワークといった服飾史のアーカイブ的な要素が往来するハイクのコレクション。ブランドデビュー時から磨き続けてきたその技は、シーズンを追うごとに進化している。機能素材やディテールで、クラシックをアップデートハイク 2022年春夏コレクション - 歴史を尊ぶ現代のモード|写真2今季、特に目に留まったのが、高機能素材「PERTEX」を使ったアイテム。従来、アウトドアシーンでよく見るこのタフな機能素材の一面、羽のような軽やかさと、シルクのようなしなやかさをいかすため、あえて生地を泳がすようにトップスを仕上げ、スカートにはを施した。な首元のジップと、たゆたう袖が特徴のトップスは、女性らしい繊細なが施された、繊細なシアーな素材としても何ら違和感はない。ハイク 2022年春夏コレクション - 歴史を尊ぶ現代のモード|写真3ミリタリーコートもまた同じく「PERTEX」で再解釈され、大きいスロートラッチやの配置などは従来の古典的なものを踏襲しながらも、まったく新しいニュアンスを吹き込んでいる。また、ミリタリーのエッセンスを引き継いでのことだろうか、の延長線上にあるかのようなボタン、あるいはクロップド丈が特徴のトップスは、今季のアイコニックなデザインとなっている。ハイク 2022年春夏コレクション - 歴史を尊ぶ現代のモード|写真34ワークアイテムの象徴ともいえるデニム素材の再解釈も非常にハイクらしい。デニムジャケットは、スリムな身頃とボリューミーなの袖の対比が印象的。また、ダブルの走るポケット付きのデニムシャツは、パワーショルダーでクラシックを加味した。エレガントとクラシックへの言及ハイク 2022年春夏コレクション - 歴史を尊ぶ現代のモード|写真18エレガントとクラシックの部分で言及するならば、先に少し述べたパフスリーブやの入った袖、ウエストマークとなった大きなリボンなど、かつての女性貴族たちの服装史にならうようなディテール。また、トガのように一枚布を彷彿とさせるスカートのデザインもそうだろう。メンズのクラシックなスタイルも重要で、ジャケットやベストが登場しているが、極力を貫いた印象。スカートやワンピースの下に穿いたは、なムードをにおわせ、女性らしさとの均衡を図っている。ポーター、ビューティフルシューズ、チャコリとコラボハイク 2022年春夏コレクション - 歴史を尊ぶ現代のモード|写真4また、今季は3ブランドとコラボレーション。新たにポーターとコラボレーションし、同ブランドのアイコニックなヘルメットバッグをアレンジした。また、アウトドアサンダルはビューティフルシューズとのコラボレーションによるもので、「Mules」と「BAREFOOT SANDALS」をアップデートさせた新作の「BAREFOOT SANDALS FIDLOCK ver.」を採用している。ハイク 2022年春夏コレクション - 歴史を尊ぶ現代のモード|写真8さらにもうひとつ、チャコリとのコラボレーションでは、「British Military Helmet Bag」から着想を得てデザインした「レザーバッグ」と、「French Military Helmet Bag」から着想を得てデザインした「レザーバッグ」の新色が登場している。