(ワイズ)が、2015年春夏コレクションを発表した。今季のインスピレーションは「エアフォース・ヴィンテージ(Air Force Vintage)」。 今回のコレクションは、空軍のユニフォームがもつ合理性、高品質、ファッション性に、ヴィンテージのもつ希少性やノスタルジックなイメージ、歴史や愛着といった要素が融合した。 男性の服を女性が着る というブランドコンセプトのもと、やといったマスキュリンでラフなアイテムに、あえてレースやコットンシフォンといった柔らかな素材を用いているのが特徴だ。 ワイドパンツに合わせたシースルーのブラウス、ミリタリー風コートに合わせたレースのスカートなど多くのルックは一見ラフに見えるものの、ほのかに女性らしさを含んでいる。ロールアップして着こなしたに合わせたトレンチコートは、その対極性が分かる一着。繊細なレースを大胆にコートに用いることで、無造作なスタイリングに華が添えられた。 またY sのDNAを受け継ぎながら、異なる世界観を見せるワイズ ピンクレーベル(Y s Pink Label)は今季、「アーバン・ボヘミアン」がキーワードに。シックな色味でまとめたは、直線的なラインや大きめのシルエットがアウトラインを強調し、都会的な印象に導く。その力強さを調和させるかのように、リネンやモヘアといった優しいマテリアルを用いることで、Y sとはまた違う、コントラストの表現を生み出している。