「黄葉紅葉まつり」と「秋の夜散歩(あきのよさんぽ)」が、東京の国営昭和記念公園で、2020年11月29日(日)まで開催される。イチョウやカエデが色づく国営昭和記念公園“秋の紅葉ライトアップ”が東京・国営昭和記念公園で、イチョウ並木&日本庭園に美しい光の演出|写真1東京都立川市と昭島市にまたがる国営昭和記念公園は、昭和天皇御在位50年記念事業の一環として開園した国営公園。総面積約180haの園内には、広大な芝生広場や日本庭園、遊戯施設などが設けられている。秋になると園内のイチョウやカエデが色づき始め、緑から赤や黄色へと移り変わる美しいグラデーションを楽しむことが可能だ。“秋の紅葉ライトアップ”が東京・国営昭和記念公園で、イチョウ並木&日本庭園に美しい光の演出|写真82020年は台風の影響が最小限となったため、公園の木々には多くの葉が残っており、「カナール イチョウ並木」や「かたらいのイチョウ並木」、「日本庭園」などで、鮮やかな風景を眺めることができる。色づきのピークは例年より1週間ほど早く、2020年11月8日時点で、一部のエリアで既に見頃を迎えつつある。夜はイチョウ並木&日本庭園をライトアップ“秋の紅葉ライトアップ”が東京・国営昭和記念公園で、イチョウ並木&日本庭園に美しい光の演出|写真6夜間には、通常の公園入園料で「かたらいのイチョウ並木」のライトアップを楽しめるイベント「秋の夜散歩」も開催。10分間のサイクルで、音楽に合わせた光の演出を行う。また、別途料金を支払うと、ライトの当て方を見直し、2019年よりも華やかに進化した「日本庭園」のライトアップを目にすることもできる。【詳細】
「黄葉紅葉まつり」「秋の夜散歩」
期間:2020年11月3日(火・祝)~11月29日(日)
開催時間:9:30~21:00
※「秋の夜散歩」は16:30~21:00(点灯16:30・消灯20:30)。
※夜間(16:30~21:00)の入退園は「西立川口」のみ。
※昼・夜の駐車料金は同一(普通840円)。夜間(16:30~21:00)は「西立川口駐車場」のみ駐車可能。
※夜間(16:30~21:00)は「西立川自転車持込口臨時駐輪場」のみ使用可能。サイクリングコースは利用不可。

■チケット
・公園入園券 大人 450(290)円、シルバー 210(210)円、小人 無料 ※括弧内は団体料金
販売場所:各ゲート(16:30~20:30は西立川口でのみ販売)
・夜間日本庭園入場券 大人 1,000円、シルバー 1,000円、小人 500円
販売場所:日本庭園外西側・こもれびの家(16:30~20:00)
※配付中のイベントチラシには「夜間日本庭園入場券」の販売箇所として異なる場所が記載されいるが上記が正しい。

■施設情報
場所:国営昭和記念公園
住所:東京都立川市緑町3173
開園時間:
3/1~10/31 9:30~17:00
11/1~2/末日 9:30~16:30
4/1~9/30土日祝日 9:30~18:00

【問い合わせ先】
国営昭和記念公園 管理センター
TEL:042-528-1751