“有名絵画”をにしたアフタヌーンティー「メモリー」が、竹芝エリアの大型複合施設「」内のホテル「メズム東京、オートグラフ コレクション」にて平日限定で登場。提供期間は、2020年11月9日(月)から2021年2月28日(日)まで。ダリの代表作「記憶の固執」モチーフのアフタヌーンティーダリの代表作「記憶の固執」モチーフの新感覚アフタヌーンティー、メズム東京で|写真2“アーティストのアトリエ”をコンセプトに持つ、同ホテル内のバー&ラウンジ「ウィスク」から、名画をモチーフしたアフタヌーンティー第1弾として展開される「メモリー」。そのイメージソースとなったのは、スペインの画家サルバドール・ダリによる代表作品「記憶の固執」だ。“アートな仕掛け”たっぷりのメニューダリの代表作「記憶の固執」モチーフの新感覚アフタヌーンティー、メズム東京で|写真1パレットで楽しむ?!な自家製スコーン展開される全5品は、最初から最後まで、ダリ作品の世界観を閉じ込めた“アートな仕掛け”がたっぷり。最初に提供される自家製スコーンは、オリジナルデザインの“絵の具のチューブ”入りソースと共に、パレット風プレートにのって登場。パレットにソースを広げながら、アーティスト気分でスコーンの味わいの変化を楽しむことができる。“柔らかい時計”モチーフのロールケーキまたメインとなるクリームロールケーキを飾るのは、「記憶の固執」の象徴的存在である“柔らかい時計”。そのアーティスティックなビジュアルはもちろんのこと、カタルーニャ地方の郷土菓子「クレマカタラーナ」のクリームに、ダークチョコ ホワイトチョコを一緒にロールした、濃厚な味わいも魅力的だ。シュルレアリスムを表現したマカロンなどさらにサクサク食感の生地と、なめらかクリームの異なる食感を楽しめるマカロンは、ダリが傾倒したシュルレアリスム(超現実主義)理論を表す物質的な硬度を、“おいしく”表現したもの。そのほか各メニューにあわせたノンアールコールカクテル2種が提供されるほか、自家製チャイと猿田彦珈琲のオリジナルブレンドを合わせた「コーヒーチャイ」もドリンクメニューとして展開される。詳細「メモリー」
提供期間:2020年11月9日(月)~2021年2月28日(日) ※期間中は、平日のみ<1日15食限定>で提供。
場所:メズム東京、 オートグラフ コレクション16階 バー&ラウンジ「ウィスク」
住所:東京都港区海岸1丁目10-30
価格:3,900円+税 ※サービス料別途。

【問い合わせ】
メズム東京、オートグラフ コレクション
TEL: 03-5777-1111