大阪の国立国際美術館では、展覧会「コレクション1:1968年展─新しいパラダイムを求めて─」を、2021年10月12日(火)から2022年1月16日(日)まで開催する。戦後日本の美術を3つのカテゴリーで紹介グループGUNの「雪のイメージを変えるイベント」(信濃川の雪のハプニング、1970年2月15日) 1970/2009年 撮影:羽永光利 国立国際美術館蔵グループGUNの「雪のイメージを変えるイベント」(信濃川の雪のハプニング、1970年2月15日)
1970/2009年 撮影:羽永光利 国立国際美術館蔵1960年代後半、欧米や日本を中心とする世界の若者は、学生運動などを通じて、互いの理念・思想・哲学を共有し、激しい政治運動を行った。そうした動向は芸術界にも影響を与え、既存の枠組みを破壊するのみならず、単に状況に対応してきた過去をも厳しく否定し、世界をその変化と変革の中で捉え直すことによって、はじめて芸術と世界の再生を望むことができると信じたのだった。プレイ《現代美術の流れ》より 「現代美術の流れ」記録写真(3) 1969/2020年 国立国際美術館蔵プレイ《現代美術の流れ》より 「現代美術の流れ」記録写真(3) 1969/2020年 国立国際美術館蔵「コレクション1:1968年展─新しいパラダイムを求めて─」では、そうした時代の転換期からおよそ半世紀を経た現在の視点から、戦後日本の美術動向を、所蔵作品を3つのカテゴリーに分類して紹介。榎倉康二や高松次郎、関根伸夫、李禹煥、三木富雄、吉田克朗、プレイなどの作品を展示する。吉田克朗《Cut-off No.2》1969/90年 国立国際美術館蔵 ©︎ The Estate of Katsuro Yoshida, Courtesy of Yumiko Chiba Associates吉田克朗《Cut-off No.2》1969/90年 国立国際美術館蔵
©︎ The Estate of Katsuro Yoshida, Courtesy of Yumiko Chiba Associatesまた日本の戦後美術に加えて、ロバート・スミッソンやルイ・カーヌ、マイケル・ハイザーなど、海外における同時代の動向を示す作品も目にすることができる。展覧会概要展覧会「コレクション1:1968年展─新しいパラダイムを求めて─」
会期:2021年10月12日(火)〜2022年1月16日(日)
会場:国立国際美術館 地下2階展示室
住所:大阪府大阪府大阪市北区中之島4-2-55
開館時間:10:00〜17:00(金・土曜日は20:00まで)
※入場は閉館30分前まで
休館日:月曜日(1月10日(月・祝)は開館)、12月27日(月)〜1月3日(月)、1月11日(火)
観覧料:一般 430円(220円)、大学生 130円(70円)、高校生以下・18歳未満 無料(要証明)
※( )内は20名以上の団体料金
※心身障がい者と付添者1名は無料(要証明)
※本展は、同時開催の特別展「」の観覧券で観覧可
※夜間割引料金(対象時間:金・土曜日の17:00〜20:00)は、一般250円、大学生70円
※無料観覧日:10月16日(土)、11月3日(水・祝)・6日(土)・13日(土)・14日(日)、12月4日(土)、1月8日(土)
※会期・開館時間などは変更となる場合あり(最新情報はホームページなどにて確認)

■出品作家
安齊重男、榎倉康二、岡本信治郎、郭仁植、工藤哲巳、グループGUN、クロード・ヴィアラ、桑山忠明、小清水漸、関根伸夫、高松次郎、田中信太郎、田畑あきら子、成田克彦、プレイ、堀川紀夫、マイケル・ハイザー、三木富雄、吉田克朗、李禹煥、ルイ・カーヌ、ロバート・スミッソン

※画像の無断転載を禁ずる。

【問い合わせ先】
国立国際美術館
TEL:06-6447-4680 (代表)